厚生労働省のページ「統合医療情報サイト」に医療大麻の論文が多数登場。

厚生労働省がやっているページ「統合医療」情報発信サイトがあります。このサイトですが非常によくまとまっています。特定の治療法を推進する目的や良い・悪いをジャッジする目的はありません。様々な代替医療(漢方・鍼・サプリなど)のエビデンスや論文を紹介するだけ、の構成になっています。私も鍼灸師なのでこのサイトはよく見ています。鍼灸関係でもコクランレビューなどが紹介されていて非常に勉強になります。

・・・いつ掲載したのか?詳細は不明ですがなんとこのサイトに医療大麻関係の論文が多数掲載されているのを発見しました。

「てんかんとカンノビノイド」はじめ大麻関連の論文を掲載しているのを発見しました。もちろん、医療大麻を推進する意図などないでしょうし「ただ論文を紹介しているだけ」というのは承知していますが・・・・

それにしてもほんの3年前まで「必要ない」と完全に否定していた厚生労働省のサイトに医療大麻の論文が掲載されたのは大きな驚きであります。やはり参議院議員・あきの先生の国会答弁以降、流れが変わったと推測されます。もちろんそれだけではないのでしょうが。推進する意図はなくても少なくとも厚生労働省が「医療大麻の存在がありその効果を認識していること」は確認できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする