鍼治療は「エンドカンナビノイドシステム」に働きかける。医療大麻(CBD)との共通点が多い理由の考察。

「大麻が医療利用できる」

と言われるようになり、

もう長い年月が経過しましたが

その根拠についてこちらでも

すこし詳しく書いていきます。

また私は鍼灸をしているので

その関連についてもお伝えします。

まず最初に

エンドカンナビノイドシステム(ECS)

の存在についてお話ししなくてはいけません。

体内に本来備わっている

身体調節機能のがECSです。

ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情、

運動、発達や老化、神経保護、認知・記憶などの

機能をもち、細胞同士の

コミュニケーションを支えます。

ECSは、1990年代に発見された

「アナンダミド」と「2-AG」と呼ばれる

体内カンナビノイドとそれらと結合する

神経細胞上に多い

カンナビノイド受容体「CB1」

免疫細胞上や内臓などに多い

カンナビノイド受容体「CB2」

などで構成され、全身に分布しています。

大麻草に含まれている

CBD(カンナビジオール)やTHCなどは

この受容体が人体にあるため

影響を与えるのです。

ではなぜ人体にはCB1、CB2といった

受容体が存在するのでしょうか?

人体はもともと大麻草を

摂取するように設計されていたのでしょうか?

・・・そうかもしれませんが(笑)

実は体内には最初から

内因性カンナビノイドという

大麻草に含まれている物質に似た

物質が存在するのです。

この内因性カンナビノイドが

CB1、CB2受容体に作用し

メッセージのやり取りをすることで

人体が正常に働くことを前述の

「エンドカンナビノイドシステム(ECS)」

と呼びます。

では内因性カンナビノイドが

少なくなったり、

うまく働くなってしまうと

どのようなことが起こるのでしょうか?

「カンナビノイド欠乏症」

と呼ばれる状態になるといわれています。

カンノビノイド欠乏症は

・ 片頭痛

・ 過敏性腸症候群

・ 線維筋痛症

・ 慢性的な痛み

・ ジストニア

などがあります。

いわゆる病院でなかなか解決しない

疾患等が多いのではないでしょうか?

実はこれ、鍼治療の適応疾患と

重なる部分がかなり多くあります。

なぜでしょうか?たまたまでしょうか?

ECSを整える働きをするのは

何も大麻やCBDの摂取だけではなく

ヨガや運動、鍼灸などもよいとされています。

鍼治療もまたECSに働きかけることから

身体を治すことができるとも考えられます。

たまたまではないはずです。

では、鍼治療とはそもそも、

どのようなものでしょうか?

その歴史は約2500年前までさかのぼり

中国にルーツを持つ治療法です。

体内の特定の場所いわゆる「ツボ」

にハリを挿入し刺激しながら

体調の改善を狙うのです。

今日では痛みの改善だけでなく

様々なことに効果があり

数多くのエビデンスも存在します。

日本だけではなく

中国やアメリカやドイツなど

世界中で鍼治療が行われているのです。

「気」や「経絡」といった概念で

説明されることが多いのですが

実は鍼治療がECSに働きかけているかも

しれない可能性や証拠も発見されるように

なりました。

一例をあげると以下です。

・ 電気鍼療法は脳への酸素不足によって

引き起こされる脳卒中の脳損傷を軽減できる

・ 電気鍼療法は脳内のカンナビノイド

AEAおよび2-AGの量を増加させる

これらの実験結果は電気鍼治療が

中枢神経系の内因性カンナビノイド受容体を

何らかの形で活性化することを意味しています。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

まだ仮説の段階ですが

内因性カンノビノイド・オピオイドの仕組が

リンクしているからかもしれません。

オピオイド受容体も脳や脊髄に存在し

鍼治療もまた内因性オピオイドの一種である

エンドルフィンの放出を刺激します。

そのようなことを検討した論文も存在します。

一連のテストを通じて、

エンドカンナビノイド受容体CB2が

炎症の抑制と刺激の原因であることが

わかったのです。

マウスに関する2010年の研究では、

鍼が、神経細胞間でメッセージを伝達し、

痛みを和らげる性質を持つ化学物質

アデノシンの放出を引き起こした

ことがわかりました。

研究者らは、

鍼治療後のマウスの血液中のアデノシン濃度が

24倍増加し、被験者の痛みが

全体的に減少したことを発見しました。

鍼治療と内因性カンナビノイド系の

関係を調べると、

鍼治療が内因性カンナビノイド活性を

刺激または模倣する

ことを示唆しています。

また鍼治療は内因性カンナビノイドの

活性だけでなく

抑制に働くこともあります。

そのようにバランスをとることで

ECSが正常に働くよう貢献している

ものと思われます。

鍼治療では経絡治療と呼ばれる

弱刺激の治療法がありますが

私は長年、なぜこのような刺激で

全身のバランスを調整できるのか?

疑問でした。

しかしながらECSの観点から考えると

ツボを刺激することで

カンナビノイド受容体の刺激をしている

と考えることもでき

とても納得がいくのです。

まだまだ仮説の段階ですし

鍼治療とCBDオイルの服用などで

相乗効果が出るといった研究は

見当たりません。

個人的には鍼治療でECSを刺激してから

CBDオイルなどの大麻製品を摂取すると

効果が増すと考えています。

これからの研究に期待していきたいです。