MDMAの真の問題とは何か?MDMAはうつ病やPTSDの治療薬として期待されています。

本日は「MDMAはわりかし安全で、有効性もあるためアメリカでうつやPTSDに効果がある処方薬になることを期待されてる。」というお話を書きたいと思います。*違法薬物の所持や使用をあおるための記事ではありません。

...少し前に女優・沢尻エリカさんがMDMA所持の容疑で逮捕されました。沢尻エリカさんて、すごい人気あるようでMDMAへの関心が高まっているようです。日本ではあまりMDMAの真実が語られないため少しまとめて書いていきます。

MDMAは合成麻薬と和訳されます。

「危ない」

「危険だ」

という報道のされ方しかしません。

しかし、いまアメリカではMDMAの治験していてすでに第3層までいってます。要するに比較的安全性は確認されている段階に来ていてこのままいけばアメリカで処方薬になると思います。もちろんまだわかりません。またそもそもエクスタシーとよばれるいわゆるパーティードラッグのMDMAと医療用のMDMAは全く別物です。そして処方薬だから全く安全・無害、という話ではないです。比較的安全で有効性もあるという話でダメ絶対!ではないのです。その辺も論じなければ意味がないです。

YOUTUBEなどでもナショナルジオグラフィックのMDMA特集がアップされているので興味ある方は見てみてください。

*現在削除された模様。ほかにもMDMA関連の動画はUPされてますのでご自身で探してみてください。

ではMDMAの真の問題はいったい何なのでしょうか??

まず第一にMDMAそのものは比較的安全ですが危険なのは違法な闇流通のために混ぜ物が入り込むこと、です。そして第二に違法がゆえに緊急時でも救急車を呼べず重大事故につながる恐れがあること。です。

この2点がとても大事。これがホントの問題点で、薬物教育を正しくするにはこれらをまず子供たちに正しく教えていく必要性があります。要するに違法にしているから起きている問題というとらえ方もできます。ダメ絶対を繰り返す報道みていても何も成長しません。薬物を悪者にする政策自体間違いなのです。何年か前に俳優の押尾学さんが死亡事故を起こしました。これも私が指摘している問題が関係していると推測されます。亡くなられた方がいる事実をとても残念に思います。

本来ならばこのような重大事故は検証し、反省し、学ばなくてはなりません。しかしながら当時もそのような検証している報道はほぼゼロでした。今回も沢尻エリカさんの私生活などの報道ばかり。そして、そもそもなぜ逮捕するのでしょうか?これは誰のためでしょうか??

薬物問題は日本の問題が濃縮されています。もう日本語だけでニュースを見ていても正しい情報にはたどり着けないです。MDMAは使用した後「カムダウン」という気分が落ち込む現象がおこると言われていましたが近年イギリス人研究者DR Ben Sessaがそれを否定する研究も発表しています。*まだ確定ではないです。

カムダウンを起こす理由はやはり混ぜ物や睡眠不足、とのことで今後の研究成果がまたれます。このように薬物問題一つとっても世界は研究が進み、有効活用法も議論されどんどん動いているのです。ダメ絶対!が本当に正しいかどうか?是非考えてみてください。

MDMAについてはこのサイトにも詳しくまとめられてますので参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする