お客さんが好きだし、もっというと好きな人としか仕事しません。

僕はお客さんが好きである。

知り合ったのはたまたまのご縁である。

ネットで調べて僕の

ことを知ってくれたり、

誰かの紹介だったり、、、、

それでも僕のことを

信用してくださり

僕に仕事を依頼してくださる。

僕はお客さんのことが大好きだ。

理由は僕の仕事を信用してくださるからだ。

僕も全力で仕事しお返ししたいと思う。

自営業・フリーランスの場合

仕事を受けるか?受けないか?

全部自分で決めることができる。

だから僕は

「好きな人と以外仕事しない」

ようにしている。

好きな人とは前述したように

信頼関係が築けるか?

という意味である。

決して「気が合う」とか

そういった意味ではない。

組織にいると

自分の考えが違う場合でも

方針に合わせなければいけない場合がある。

僕は自営になる前から

仕事の好き嫌いがけっこうあった。

「仕事の選り好みするな」

と会社から怒られたこともあった。

でもこれは組織の理論である。

僕にとって嫌いな仕事をするのは

とてもきついことだった。

嘘をつかなければいけないからだ。

ただ、それでも組織だと誰かが

カバーしてくれるというメリットもある。

良い部分もあるのだ。

フリーランスや自営業者は

自分で全部やらなければいけない。

だから仕事の仕方も考え方も

組織とは少し違う部分も

出てくるのかもしれない。

信用や信頼関係が築ける人、

もっというと

その人のことを好きになって

その人のために全力で仕事できるような人

・・・・以外とは

最初から仕事しないほうがいいと思う。

もちろん仕事の中から

信頼関係が生まれてくることもあるだろう。

だから最初から毛嫌いするのもいけない。