あなたに相応しくない人は、あなたの元から去っていく

あなたに相応しくない人は

あなたの元から去っていく。

これは悪い意味でも

良い意味でもあるかもしれない。

そしてそれは

自然の摂理のようなもの

かもしれない。

だからそんなに気にすることはない。

そのことについて

ちょっと考えてみたい。

(1)悪い意味

あなたが実力不足の場合。

例えばあなたは起業を目指しているとする。

でもまだ何も行動できていない。

起業家のコミュニティ・

勉強会に行ったとする。

その時周りはすでに行動して

結果を出している人ばかり。

あなたはそれらの人に

相手にされないだろうし

話も合わないだろう。

だから、

あなたはそのコミュニティから

去ろうと思うかもしれない。

もしかしたら

あなたがまだ若ければ

かわいがってもらえるかもしれない。

ただそれはあなたがすごく

一生懸命な場合だけだろう。

(2)良い意味

あなたがもっと上を目指している場合。

例えばあなたは起業家だとする。

すでに色々行動し自分の中で課題も

沢山出てきている状態だ。

そこで起業家のコミュニティ・

勉強会に行ったとする。

その時周りは全然行動しない人ばかり

話題も愚痴やできない言い訳ばかり。

あなたはそれらの人と

話もしたくないだろうし

そもそも話も合わないだろう。

だから、

あなたはそのコミュニティから

去ろうと思うかもしれない。

・・・

こういった感じで

自分にふさわしくない人というのは

いつの間にか去っていくので

いつの間にか似たような人が

集まり集団を作るといわれている。

自分自身の努力が足りていないなら

頑張ればよいし

この人たちとは話が合わないと思ったら

黙ってその場から去ればよいだけだ。

本当にそれだけだし誰も悪くない。

何も否定することはない。

相手の価値観を変えようとしても

それは意味がないし不可能だろう。

・・・

ちょっと自分の仕事の話をしよう。

僕は鍼灸院をやっている。

鍼灸の仕事はとても面白い。

鍼灸施術は健康を維持したり

身体の調子を整えたり

元気にしたりする力がある。

もちろん鍼の効果には

即効性もあって

その場で痛みを取る、

その場で楽にする、

といった効果もあるが

僕の鍼灸院では

あまり即効性を打ち出していない。

理由はいろいろあるのだが

健康とは結局、

日々の生活の積み重ねである。

だから

その場で楽になりました、

おしまい!

また同じ生活に戻る。

ではあまりにも虚しいし

そういう仕事はやりたくない

と思っている。

鍼灸はあくまで

体をよくするきっかけで

自分の生活習慣や体調を見直す

視点を持ってほしいと思って仕事している。

だからクライアントさんには

生活指導や通院指導を伝えることもある。

それをきいて

・ めんどくさい

・ そこまでしたくない

という人は去っていく。

「生活指導?は?なにそれ?

今楽になればそれで良いじゃん」

という考え方の人も

僕の元から去っていく。

以前は

それが残念で仕方ないと思っていたが

今はそれでよいと思っている。

相手にすり寄り優しくするのも違う。

だから去る人は追いかけない。

人の価値観を変えるのは不可能に近い。

むしろ合わない人は最初から

僕と出会わない方が良いと思っている。

もしも価値観が違う人と

出会ってしまったとしたら

それは何かの間違いだから

早目に去ったほうが良いとも思っている。

それがお互いのためであるからだ。

価値観が違うことがわかった時点で

「うちのサービス合わないと思います。」

となるべくはっきり伝えるようにしている。

恨みつらみもない。

お互いのために去る。それだけだ。

技術や知識の研磨は

常にしっかりと行う。

それはもちろん大前提だ。

出会いは偶然。

別れは必然なのかもしれない。