何かを提案してくる人。。。 

このブログを始めるとき

有名ブロガーのちきりんさんの

本を読んだ。

セルフメディアの本だ。

別に僕はちきりんさんのファン

というわけではないが

なんとなくやりたい方向性も似ていたし

参考になるかなと思って読んでみた。

もちろん参考になることは

たくさん書いてあった。

そして印象に残った話もあった。

ちきりんさんクラスになると

しょっちゅう外部の人から

「提案」があるそうな。

本を出しませんか?

ラジオ出演しませんか?

など。

ちきりんさんの人気を使って

何かしよう、何かしたい、という人が

寄ってくるのだ。

なるほど

ちきりんさんくらい有名になると

いろんなオファーもあるだろう。

でもこれ、自分の活動の

「軸」

みたいなものが決まってない状態で

来たオファー全部受けたりしたら

大変なことになると思った。

ちきりんさんも外部からの

「提案」

は、ほとんど断っているらしい。

まあ100個提案があったら

5個くらいは

とってもやりたい!

と思えるようなオファーも

あるのかもしれないが・・・。

ろくなもんじゃないのも

たくさんあるのだろう。

その仕事を受けることによってどうなる?

どういう影響がある?

プラス面は?

マイナス面は?

時間がかかりすぎないか?

もしも時間や手間が

かかるなら費用対効果は?

・・・考えることはたくさんあるのだ。

そしてここからは僕の意見だが

うがった見方をする。

「提案してくる人」

というのはそれがその人の仕事だから

提案するのだろうが

もしその人が自分で何かを生み出せるなら

果たして提案してくるだろうか??

自分で何かを生み出せないから

提案してくるのだろう。

僕は過去、仕事でこういう人を

何度か見たことがある。

悪気なく寄生する人。

それを提案だと思っている人。

たまたまかもしれないから

詳細は書かないようにするが

こういう人は当然性格も悪い。

付き合うだけ時間の無駄だろう。

疲れてしまう。

そしてそもそもこういう人は

自分が何も生みだせていないことに

気が付いていない。

提案という名の寄生だ。

これはとっても恥ずかしい。

僕も人に提案することはたくさんある。

だからそういう風には見られたくないし

そういう仕事は

絶対したくないと思っている。

提案じゃなくて寄生と見られないためには

自分が自立していることが

大前提なんじゃないかとも思う。

自分が困ってたりしたら

やっぱり

「この人は困ってるから

提案してくるのかな?」

なんて思われてしまうだろうし

それは本当に嫌だ。

・・・恋愛でもこの手の話はある。

美女・美男子・人気者は

驚くほどたくさんの

「提案」

をされる。

週末映画に行かないか?

食事に行かないか?

などなど・・・。

美女や人気者と一緒にいると

それが良くわかる。

魅力的な

彼らにとってはそれが日常なのだ。

そして彼らはどうするか?

ほとんどの提案は無視する。

これはその人の立場に立てば

理解できるだろう。

当たり前の話だ。

相手にしてられないのだ。

そんな時間もない。

もちろん悪気なんてない。

だから提案する側は

常に肝に銘じなくてはいけない。

相手はこの手のオファーを死ぬほど

されてる可能性が高い。

そして相手があなたの提案を受けるメリット

すなわちあなた自身に魅力はあるだろうか?

その質問に堂々とYES、

と答えられるならば

あなたの

「提案」

は受け入れてもらえるかもしれない。

ただし相手の都合がある。

だから恋愛でも、仕事でも

あとはタイミング次第。

だからもし

あなたが自分に自信を持っていて

その提案が受け入れられなかったとしても

それは気にすることはない。

相手の問題・タイミングの問題ならば

こちらでコントロールしようもないのだから。