プレアボイドについて。

プレアボイドとは?

プレアボイドは,日本病院薬剤師会(以下,日病薬)が提唱し収集している薬学的患者ケアの実践であり,実践結果に基づく成果報告の呼称です。
医療現場に勤務する薬剤師は,医薬品の供給管理,内服・外用・注射剤の調剤はもとより,病棟をはじめ院内全域で 医薬品の適正使用に貢献することを求められています。
プレアボイドは薬剤師職能のなかでも“Pharmaceutical Care”に着目したものです。
医療現場に勤務する薬剤師は,服薬指導,治療モニタリング, 副作用モニタリング,薬歴管理,薬物血中濃度管理などの薬学 的患者ケアを通じて,有効で安全な薬物療法の推進の 一翼を担っています。
その結果として,副作用によるリスク回避、患者QOLの改善といった具体的な成果が得られています。 これを各ご施設で,職能団体として見える形にすることが報告 制度の目的の1つです。
鍼灸師はどのようにかかわるべきか?
プレアボイドについては知識として押さえたうえで、情報収集の仕組みなどを説明し何かあればすぐに「薬剤師に相談するよう啓発」するのが良いと思われます。実際の介入や管理・報告などは薬剤師の領域です。何かあればお手紙などで薬剤師に報告をしまた後日、顔を合わせて薬剤師の見解や結果などお聞きしてもよいかもしれません。
鍼灸師の仕事は鍼灸という施術を通し、クライアントさんの症状を改善したり健康管理に寄与することです。あくまでも施術が仕事であり投薬分野に介入する法的根拠もありません。医師や薬剤師、ケアマネージャーなど周囲の方の力を借りることもあります。そのための知識を学ぶのであり「職域」や「自分がやるべきこと」は常に意識していきたいと思う次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする