Motivation Interviewing(動機づけ面接法)に関して、その2 カウンセリングの初期に使用される方法OARS

MIにおける質問方法OARSについてまとめていきます。

O:Open question

開かれた質問、YES,NOではなく相手が自由にしゃべれる質問。「何についてお話になりたいのでしょうか?」、「どのようにお考えですか?」

A:Affirming

肯定・是認「それはそうですよね。」、「いい考えだと思います」

R:Reflecting、Reflective listening

振り返り(反映・聞き返し)傾聴。否定・反対・反論せずしっかり耳を傾ける。最も大切であり、最も修得が難しいといわれる。

S:Summarizing

要約「心配されていることは●●ですね」

これらを用いたうえでチェインジトーク(変化についての話)

を引き出す。以下4つに分類される。1、現状の不利益を認識した言葉 2、変化の利点を認識した言葉m3、変化について楽観的な気持ちを表現する言葉 4、変化への石や決意を表現する言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする