Motivation Interviewing(動機づけ面接法)に関して、その1

動機づけ面接法について学習したことを書いていきます。

1、動機づけ面接法とは?

禁煙やアルコール依存・ダイエットなどの介入で行われる面接方法。アメリカの臨床心理士

ウイリアムミラー博士が創始者。

ちなみに博士はこんな方です。優しそうな笑顔が印象的ですね。

2、人が行動を換えられない背景:

両価性(Ambivalence)

人は自分の行動や考えにおいて「変わりたい、でも変わりたくない」,「やりたい、でもやりたくない」という2つの相反する気持ちを同時に持つことがあります。

これを「両価性(アンビバレンス) 」といいだれもが持っています。人が行動を変えていく過程において通常経験することでもあります。変わりたいけど変われない、やめたいけどやめれないのはこれがあるからかもしれませんね。

3、相手の行動を正そうとする言動:

正したい反射(Rising reflex)

人は相手が間違っていることを言ったり行なったりすると

その「考えや行動を正したい」という本能的な願望を持っています。しかしながら正しい反射から生じる「説得」・「警告」・「反省させる」といった言動は相手のためにと思っていても相手の行動変容の妨げになることもある。逆効果になってしまうのです。

4、心理的抵抗:相手の気分を害しては支援できない

心理的抵抗は大きく分けて2つ。

「不協和」:面談者への抵抗

「維持トーク」:現状にとどまる理由を述べる言動強化

これらの問題を引き起こさないようスムーズに支援をするためにはどうすればよいのか?もう少し細かく見ていきたいと思います。

5、動機づけ面接法ではその人の見方や関心に焦点を当てる。

動機づけ面接法(MI)は来訪者中心のスタイルです。対処方法を教えたり、認知を変えたり(説得)、過去を聞き返したりせず来訪者が現在何を求めているのか?何を心配しているのか?に焦点を当てます。

相手の行動変容が目的だからです。つづく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする