『論文を読む意味』

私は街の開業鍼灸師で鍼と灸しかできない中、それでも自信持って「鍼灸て良いですよ!」と言いたいので読んでます。勉強のためですかね? (医師ではなく)鍼灸しか出来ない鍼灸師が、鍼灸の良さを語り、鍼灸しか売っていない鍼灸院で、 […]

『超高齢化社会を迎えた際にも、鍼灸師が地域社会に貢献できるようになるために。』~すぐにでも身につけるべき2つの大切な考え方。

私は東京都西東京市という郊外エリアで、いわゆる不定愁訴といわれるような鍼灸の得意分野での問題解決を仕事にしている。私の理想を実現するには「学校教育の講義時間を増やす」とか、「卒後研修を設ける」とか、色々と意見はあるのだが […]

ゴッドハンド不要論

マスコミが特定の鍼灸師・施術者をいまだに「ゴッドハンド」のような派手な立ち位置で持ち上げ紹介する記事を書くことがあるので注意喚起したいと思う。結論から言うとゴッドハンドは誰のためにもならないし害悪ですらあるので一般の人に […]

読書:医療連携~医療ニーズの高い人への支援のポイント

介護分野(著者はケアマネージャー)での医療連携についての本を読みました、。勉強になった個所などピックアップしまとめて感想を述べます。 1、なぜ医療との連携が必要なのか? 介護保険法には、「尊厳を保持し、その有する能力に応 […]

本・もしくはパッケージング化して届けたい

情報弱者向けの代替医療関連書籍が多すぎて、正直つらい。まじめな代替医療情報をまとめた本を作りたいという思いが強くなってきた。書籍にするかはさておき、取材し情報をまとめようと考えている。まずはホームページ上でアップする、く […]